News
株式会社きゅうべえ HOMENews創業60年超、京都の老舗自転車屋がシェアサイクルの未来を変える! バイシクルシティエキスポに出展

株式会社きゅうべえからのNews

創業60年超、京都の老舗自転車屋がシェアサイクルの未来を変える! バイシクルシティエキスポに出展

2019/05/23プレスリリース

地域からの信頼を培いながら60年超京都で自転車を販売する株式会社きゅうべえ(本社:京都府京都市、
代表取締役社長:谷口 創太、以下当社)が、地域との共存を第一に考えたシェアサイクルを携えて、
バイシクルシティエキスポに出展します。シェアサイクル元年に業界で顕在化した課題を解決する施策を
ご紹介するとともに、自転車での地域振興の輪を広げてまいります。 


《シェアサイクル業界への注目と課題》

「シェアサイクル元年」という言葉が出るほど、新規事業者の参入が相次いだ2018年のシェアサイクル業界。
一方で、大規模展開からの突然の撤退や不法駐輪等、課題が浮き彫りになった年でもありました。
街の自転車マナーも含めて、自転車そのものの在り方が問い直されています。

 

《立ち上がる老舗自転車屋》

そのような中で、京都で60年超の歴史を持つ自転車販売店である当社がシェアサイクル事業に参入します。
プロの整備士による安全最優先の整備はもちろん、ユーザーへのマナー案内を表示できる・GPS位置情報をもとに
不法駐輪自転車を速やかに回収できるなど、地域と共に歩んできたからこその工夫を散りばめています。
シェアサイクルが地域に根付くことで、渋滞の緩和やゴールデンルート以外への観光地の送客につながります。 

 

《自転車での地域振興の輪を広げたい》

自転車は地域を自分のペースで、気の向くままに観光するための最適な移動手段です。また、近年はスポーツバイク
へのハードルも下がり、気軽にサイクリングに行ける環境が整っています。これらの魅力をシェアサイクルや
地域のイベント参画を通して活用しつつ、自転車の持つ課題を解決することで、地域振興に貢献してまいります。

 

 

Newsカテゴリ

採用情報